search :

archive :



« 自分のソーシャルネットワークが作れる『SocialGO』 | トップ | 商用でも無料で使えるグランジテクスチャ300選 »

エントロピー 悪魔 下の世界 地獄

_Diary | August 30, 2008, 8:53
はてなブックマーク

下の世界に行かないためのチェックリスト

ちょっと精神的なエントリーですがご容赦ください。。あまり興味のない方はスルーの方向でお願いしますm(_ _)m

精神レベルについて思うことがあったのでエントリー。

僕はジゴク(過激な表現ですが・・なのであえてカタカナで)は存在すると思っていて、そこではマイナスのエネルギーを吸収してアクマが生きています。

たとえば僕たちがマイナスの思いを持ったとき、アクマはそれに同調してきます。力の限りそのマイナスのエネルギーを増幅しようとしてきます。

そのときに僕たちに必要なのは、冷静になって思いの針を元の位置に戻し、マイナスの気持ちになった原因をまっさらなノートに書きとめ、アクマの立ち入る隙がないようにしっかりとカギをかけることです!

というわけでこういう感じのエントリーで、↓が下の世界に行かないためのチェックリストです(精神的ですよね。。)。もちろん自分に対しての戒めでもあります。

  • 文句やぐちが出てきたら注意する。
    文句やぐちは、アクマの一番大きな性質です。「他人のせいにする」、これがアクマの特質です。 なので、文句やぐちが出てきたら注意しましょう。
  • ぐちは必ず下の世界から上の世界に向けて発せられる。その逆のベクトルはない。
    ↑と同様です。現実的には相手にも問題がある場合がありますが、少なくとも上の世界からはぐちは絶対に出てきません。
  • 相手を批判しているときは自分に原因がある。
    これは誰でもわかっていると思いますが、人は自分のことを心配した方がいい、というものですね。自分に原因があることを省みず、相手のせいにばかりするのはアクマの性質です。
  • 悩んでいるときは、「試されている」ことに気づく。
    悩みがあるときは、精神的に成長することを上の世界から期待されています。カミサマは、耐えられるより少し上のレベルの負荷をかけて、僕たちを試そうとしています。なので、その期待に応えることが重要です。
  • 理性で感情をコントロールする。
    感情のまま生きていると、油断をするとアクマに心を持っていかれます。そのときは、「またきたな」と冷静になって、頭の中でマイナスの気持ちになった原因を数点に分け、それぞれに対して解決策を出し、あとはその感情を取り払うことが重要です。簡単なことです。
  • 言葉遣いが悪くなってきたら注意する。
    言葉遣いが悪くなってきたら要注意です。それは、心の声でも同じです。思っていることや考えていることで、汚い言葉が出てきたら、我に返りましょう。そういう思いが出たとしても、少なくとも口には出さないことが、アクを増幅させないために重要です。
  • 部屋が汚くなってきたら注意する。
    アクマはほこりや散らかっている状態が大好きです。「部屋の汚れは心の汚れ」と言われるように、精神レベルを高く保ち、健全な生活を送るためには、部屋を片付け、掃除をし、すっきりとした気分で過ごすことが大切です。
  • 問題が整理できたら最後には許す。
    偉大な人は、「許す」ことを知っています。これができないうちは、まだまだです。批判されても許す、相手に原因があっても許す、その思いに立つことが、到達点です。
  • アクマを粉砕する。
    結論としては、アクマは粉砕しなければなりません。なぜなら、翻弄されていると幸せになれないからです。許すことも重要ですが、最後には必ず粉砕しましょう。ほうっておくと、アクマはどんどん増幅します。

と軽く書くつもりが、わりと本気モードで書いてしまった。。。

なので押し付けがましかったら読み飛ばしてください。

何があったのかと思われそうですが、、大したことはないんですが、ほうっておくとエントロピーは増大するばかりなので、一言書いておこうかな、と思って。

こんなことを書く僕も、学生の頃からは随分価値観が変わりました。理念が好きだったんですが、かなり現実的になりました。

東京に出てきて結構立ちますが、現代社会の精神レベルの高さには驚いています。

学生の頃、周りの気の合う友人と理想だけを見ていた僕は、社会に出て、社会人の素晴らしさを知りました。みんな驚くほどまじめだし、誠実だし、よく働きます。

一時、社会から逃げ出したくなり、音楽の道を目指そうと思いました。でも、アマチュアのミュージシャンの世界もものすごくレベルが高く、長続きしないうちに道を閉ざしました。

今はこうして楽しくネットの世界で生きていますが、最後にはやっぱり自分の作ったサービスをたくさんの人に提供できるようになりたいと思っています。

僕には、尊敬する人が3人います。

稲盛和夫さん、渡辺美樹さん、経沢香保子さんです。

稲盛和夫さんは、京セラの創業者であり、現名誉会長ですね。
メーカーに務めてセラミックで起業し、本当に人のために生きている人です。「動機善なりや、私心なかりしか」という言葉が大好きです。

渡辺美樹さんはワタミの社長ですね。
つぼ八のチェーン店から始め、居食屋ワタミで業績を伸ばしました。でも彼の目標は居酒屋にあるのではなく、医療や福祉、教育など、人の幸せに貢献することを理念とされています。
ワタミの野菜は独自の農場で作った有機野菜で、生で食べても本当においしいです。美樹さんの気持ちが伝わってきます。

経沢香保子さんはトレンダーズの社長ですね。女性の口コミを中心としたマーケティングを展開しています。
最近彼女の本を読み返していますが、かなりの努力家ですね。さらっとあなたにもできる、ということが書かれていますが、よっぽどがんばらないと難しいです。方向性としてはがんばれば行けると思いますが。ものすごく誠実で、センスがよくて、素晴らしい人だな、と思います。プロモーションのこともよくわかっています。

と話がずれてきました!

ともかく、かなり長くなりましたが、ちょっとしたエントリーでした。

空が晴れてきましたね。雨のち晴れですね。

Editor's Note

かなりセンチメンタルなエントリーになってしまった。。

ま、大雨と雷のあとっていうのもあったりで、ちょっと書いてみました☆

Trackback URL :

プロフィール

プロフィール

WEB制作・ブランディングを主軸とした、株式会社クリーム代表取締役。

案件につきましては、「お問い合わせページ」からお気軽にご相談ください。

Recommend

  • Josef Muller-Brockmann: Pioneer of Swiss Graphic Design
  • Who Owns The Water?
  • Helvetica: Homage to a Typeface
  • Corporate Diversity: Swiss Graphic Design and Advertising by Geigy, 1940-1970
  • Typography (Graphic Design in Context)
  • +81 voyage or Tokyo Graphic passport World Tour---At Center Pompidou in Paris and 3331 Tokyo
  • WONDERWALL ARCHIVES 01

archive :